プラスのお知らせ

2007年春ウガンダワークキャンプに向けて

2007年度・春季ウガンダワークキャンプに参加される、山田佳代子さんから
ワークキャンプに向けたエッセイを頂きました。
=================================
エイズ孤児に関し知識があるわけでもなくボランティアに深く関わってきたわけでもないそんな私が今回ウガンダワークキャンプへの参加を決意したのは、あるドキュメンタリー番組を見たことがきっかけです。
2年前、まだ大学に入る前の春休みに、私はテレビを通し衝撃的な映像を目にしました。
そのドキュメンタリー番組はアフリカの現状を伝えるもので子供たちが銃を持ち自らの身を守るため、
国を守るために戦う姿、そしてそのストレスや不安から薬物乱用が蔓延している社会の現実がそこには映し出されていました。
まだあどけなささえ残る少年は笑顔を忘れ、ただ毎日を生き抜くことに必死だったのです。
私の半分しか生きていない子が背負うには、あまりにも過酷過ぎるその現実にショックを受け涙が止まらなかったのを今でも覚えています。
その後大学に入ると、非日常的な感覚を求め、長期休暇を利用しては海外に行き、
その土地の文化や歴史、人々から、刺激や感動を何度も受けました。
そのような旅行も貴重な経験ではあったが、あの時見たドキュメンタリー番組の衝撃が忘れられず、
次第にアフリカに行きたい、そして旅行という形ではなくもっと現地に密着し、
現地の人々と触れ合うことで何かを共有できたら・・・そんな気持ちがますます強くなっていきました。
そうして出会ったのがPLASでした。
「勉強会があるから良かったら来てみなよ」そう言われて行ったPLASの勉強会。
そこで私は2年前のドキュメンタリー番組を見た時と同じ衝撃を受けました。
その時初めてエイズ孤児がどのような状況に置かれているのかを知り、
あの番組を見てから2年間何一つ行動を起こそうとしなかった自分を恥じたと同時にウガンダワークキャンプへの参加を強く決意しました。
今まで「ボランティア」に関わってこなかった私がウガンダワークキャンプを通し「何かしてあげたい」そんな大それたことは言えないけれど、共に過ごす時間や思い出が彼らの心に強く残るようなそんなワークキャンプにしたいです。
まずはアフリカの現実を、エイズ孤児の現状を自分の目でしっかり見つめることから始めたいと思います。
まだまだ未熟で至らない部分も多くご迷惑をおかけすることもあると思いますが、
私なりの精一杯の力で皆さんと共に2週間、完全燃焼するつもりです!
どうぞよろしくお願いします。
上智大学 外国語学部英語学科2年 山田佳代子

カテゴリー: その他 |

【Weekly News】マラウィ:必死に生きるエイズ孤児

マラウィ第二の都市、ブランタイルの郊外に住む12歳のチソモ・ジョナシは
両親をエイズに関連した病気で18ヶ月前に亡くした。
現在、彼は三人の兄弟を養うために働き詰めになっている。
他の多くの家庭と同じく、彼の親戚は彼と3人の兄弟を引き取る余裕はない。
チソモと兄弟たちは、今も両親が遺した藁ぶき屋根と泥で建てられた家に住んでいる。
「大変だけど、生き延びてる。僕たちのことを想ってくれる人がいることが今の希望」
政府の統計によれば、2005年度の中等教育進学率はわずか8.6%。
18歳のトゥワイナ・ハレも二人の兄弟の面倒を見るために学校を中退した。
3人は両親が遺した僅かな土地で農作業をしているが、食いつなぐでいくので精一杯。
少女がエイズ孤児になった場合、早期結婚を強いられるケースがしばしば見られる。
夫が少女とその兄弟を責任持って面倒をみてくれるだろう、という希望からだが
結婚に伴う問題も多くあるのが現状だ。
地方ではHIV検査施設がないため、多くの子どもたちは自分がHIVに感染しているかを知らない。
病気になり、45キロ離れた病院に運ばれた時に初めて検査を受ける。
そこでARV治療は受けられるが、子どもたちには病院に通う交通費はない。
UNAIDSの推定ではHIVと共に生きる94万人のマラウィ人のうち
9万1千人が15歳未満の子どもで、55万人がエイズ孤児。
差別と偏見も根強く、15〜49歳の人にHIV/AIDSについて聞いてみたところ
30.8%の女性、29.7%の男性からしか理解ある発言を聞けなかった。
エイズ孤児たちは食べ物や着る物に飢えているが、何よりも親の愛情に飢えている。
現在、マラウィではマラウィ赤十字社などが、医療、シェルター提供、教育などを通じて
エイズ孤児たちの支援を行っている。
原題: HIV/Aids Leaves Young People Struggling to Survive
日付: December 27, 2006
出典: allafrica.com
URL : http://allafrica.com/stories/200612270360.html

カテゴリー: Weekly News Update |

ケニア・ウガンダワークキャンプ事前研修

1月13、14日の二日間、NICEと合同で
ケニア・ウガンダワークキャンプの事前研修を行いました。
ウガンダワークキャンプに参加される里吉謙一さんからその模様の感想を頂きました。
==============================
●1日目
NICEと合同で行いました。
野鳥公園での草刈り等公園整備のワークでした。
キャンプに参加するほかのメンバーと初めて顔をあわせ、ワークをできたことで、
実際にウガンダで地元の人と作業をするイメージや
暑い中で汗を流しながら作業をする様子を思い浮かべ、とても期待が高まりましたし、
NICEを通じて日本国内のワークに参加する人ともお話をできたので刺激になりました。
ワークの後にみんなで作ったトン汁はとてもおいしかったです!

●2日目
JICA地球ひろばにて行いました。
午前中はケニア・ウガンダのワークキャンプ参加者合同で
自己紹介やPLASの説明をしたのですが初対面同士のメンバーも多い中、
明るい雰囲気で進み、参加者全員が集まれたわけではないのですが
個性の強いメンバーが多く、中身もメンバーも濃いキャンプになるのではと楽しみになりました。
午後からは二つのキャンプに分かれて細かい打ち合わせや
確認などをしてプレワークキャンプ2日目を終えました。
キャンプ期間中または前後の一人ひとりの役割が明確になったことで現実味が帯びてきて、
終わる頃には凄く参加者の表情が生き生きとし、
ますますワークキャンプ本番への期待が高まると同時に
キャンプ終了後もこのメンバーと関わっていけたら良いなと感じました。
2ヶ国ワークキャンプということでどちらにとっても一生の思い出になればいいなと思います。
みんなで協力して頑張ります!!

ウガンダワークャンプ参加 里吉謙一

カテゴリー: 活動報告 |

【Weekly News】日本:夫婦ともHIV感染者が世界初の体外受精実施へ

夫も妻もHIVに感染している夫婦2組を対象に、
世界で初めて体外受精を実施するというニュースです。
【asahi.com 健康 「夫婦ともHIV感染者に体外受精、世界初」(1/9)】
エイズ孤児の母子感染を防ぐ新たな一歩となるかもしれません。
原題: 夫婦ともHIV感染者に体外受精、世界初
日付: January 9, 2007
出典: asahi.com
URL : http://www.asahi.com/health/news/TKY200701090340.html

カテゴリー: Weekly News Update |

2007春ケニア国際ワークキャンプ参加に向けて

2007年度・春季ケニアワークキャンプに参加される高校生、田熊佑衣さんから
ワークキャンプに向けたエッセイを頂きました。
私には忘れられない出会いがあります。
2005年の夏、ACTIONというNPOが主催のワークキャンプでフィリピンの孤児院に行きました。
そこで出会った一人の男の子。
彼は貧困が原因で家族と一緒に暮らすことができません。
大切に持っている離れ離れの家族の写真を
一枚一枚丁寧に説明するいつも明るい彼とはちがう彼の横顔を見て、
まだ私より一つ小さいだけの少年が背負っている現実を改めて痛感しました。
最後の日、
「ユイと出会えてよかった、楽しかった、
ボクはユイの笑った顔が好きだからALWAYS SMILE、ね」
彼はそう言ってくれました。
彼をはじめとする孤児院の子どもたちとの出会いが、彼らのキラキラの笑顔が、
一年半経った今も私の背中を押してくれます。
きっとこれからもずっと。
エイズ孤児、彼らについては去年の冬に参加したユニセフのセミナーを通して
アグネスチャンさんの口から彼らの現状を聞いたことがきっかけで関心を持ちました。
それからずっと気になり、もっともっと知りたいと思っていたエイズ孤児達の姿。
そう思っていた中で出会ったのがPLASでした。
それ以来勉強会への参加、募金活動の企画もやらせていただきました。
日本での活動に参加するなかでいつも思っていること、
それは「親を失ったエイズ孤児を、あたしの手でギューって抱きしめたい」
ということ。
ずっとずっと、そう思っていました。
私には医療技術もなければ、心理学の知識もありません。
苦しんでいる子どもたちに自分にはいったい何ができるのか、
わかりません。
きっとおっきなことはできません。
苦しんでいる子どもたち全員の助けになることはできないかもしれません。
「自分というたった一人の人間その人間が存在したことで
2人の子どもが笑顔になれたら幸せになれたら、
これほど素晴らしいことはないんじゃないか」
これは私がいつも心の隅っこに置いている言葉です。
私が去年出会ったNGOの方が言っていた言葉です。
私はこう思いました。
私が子どもたちと直接触れ合うことで
一緒に遊んで走り回ることで、
私の手で子どもたちをギューっと抱きしめることで、
子どもたちの生活にちょっとでも刺激を与えることができたら、
子どもたちが少しでも安心できるなら、
子どもたちに楽しい思い出ができるなら、
私はそのチカラになりたい、そう思いました。
今回運よく大学が早く決まり時間を持つことができたのでこのキャンプへの参加を決定しました。
初めてのアフリカ、はっきり言って不安も沢山ありました。
でも、不安や心配より楽しみの方がわくわくするキモチの方が何百倍もおっきいから、
きっと今行かなきゃ絶対後悔する、そう思い参加を決めました。
今回のキャンプでの出会いや体験、そして自分の目で見る現実のありのままの姿は
これから大学生活を送る私にとって素晴らしすぎるくらい素晴らしい始めの一歩になるでしょう。
去年の夏のフィリピンでの素晴らしい出会いにも負けない、
素晴らしいキラキラな出会いがありますように。
参加が決定した今、PLASに出会えたことを改めて幸せに思います。
子どもたち、ケニアの人々、そしてPLASメンバーのみなさんと共に
二週間半、全力疾走しようと思います!
よろしくお願いします。
共立女子高等学校3年  田熊佑衣

カテゴリー: その他 |
Pages: Prev 1 2 3 ...239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 Next

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

2017クラウドファンディング

ウガンダでエイズ孤児を育てるシングルマザーを応援!農業で貧困から脱却する!

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ