プラスのお知らせ

【Weekly News】ケニア:暴力があってはHIV/AIDSの撲滅は困難

1月20日から25日までナイロビで開催されている国際社会フォーラム(WSF)で
HIV/AIDSの蔓延を悪化させる暴力、特に女性に対する暴力にについて
世界中の活動家が激しい議論を交わした。
世界中の活動家は、女性に対する暴力はHIV/AIDSとの戦いの障害であると繰り返し発言し、
政府が何らかの対応を取らない限りHIV/AIDSとの戦いが非常に困難になるとしている。
また、暴力を背景に、性交渉の場で女性の意見が反映されない現実が、
女性を病気に罹るリスクに晒している、とフォーラム参加者の中で一致した。
セックスワーカーに対する暴力にも同じことが言える。
専門家は、HIV感染者に女性が多いのもこのような女性に対する暴力に起因していると指摘する。
昨年の国連エイズ合同計画(UNAIDS)の報告によれば、
世界のHIV/AIDSと共に生きる人々のうち64%が存在するサハラ以南では
女性の方が男性よりも感染率が高い。
フォーラムでは、女性がVCTを受けたことが夫に発覚した場合、
夫に暴力を振るわれるということも報告された。
その恐怖によって女性がVCTを受けられないまま、
夫との無防備な性交渉を続けなければならなくなっている。
この現状を受けて、女性への暴力を禁止する新たな法整備を求む運動が再燃している。
だがたとえ法が整ったのしても、HIV/AIDSとの戦いにおいて男性の協力は非常に重要だ。
HIV/AIDSの専門家は、男性の方がスティグマに敏感であるがために
男性がVCTを受けることは非常に少ないと指摘する。
これが男性をカウンセリングやケアから遠ざけ、場合によっては
治療を受けている妻の薬を横取りするということに繋がりかねない。
「男性が積極的に取り組まない限り、HIV/AIDSとの戦いとそれに伴う女性への暴力はどうしようもない」
とマラウィからのフォーラム参加者は言う。
国際社会フォーラムは、現在の新自由主義経済政策や
いわゆる富める北側の人々主導のグローバル化に反対して貧困や搾取のない社会を目指し、
現在の社会に対して問題意識を持っている市民や活動家が参加する会合。
2001年に第一回が開催されて以来、ブラジルやインドでも開催され、
昨年はマリ、ベネズエラ、パキスタンの3カ国で開催された。
今年開催されているナイロビには世界中から5万人以上の人々が参加者している。
原題: World Social Forum: End to HIV/AIDS a Tall Order in Face of Violence
日付: January 24, 2007
出典: Inter Press Service News Agency
URL : http://ipsnews.net/news.asp?idnews=36294
================================================
国際社会フォーラムにはPLAS事務局長の門田が参加しました。
その報告も併せてご覧ください。
ケニア・ナイロビで第七回世界社会フォーラムが開催されました

カテゴリー: Weekly News Update |

エイズ孤児支援NGO・PLAS

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
P┃L ┃ A┃ S ┃ http://plas-uganda.org/
━┛━┛━┛━┛     2006/0/ 第十号
_______________________
□■Positive Living through AIDS orphans Support■□
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∽───────────────────∽
  INDEX

■ケニアワークキャンプに向けて
 ==ワークキャンプ参加者のエッセイ==

□ウガンダワークキャンプに向けて
 ==ワークキャンプ参加者のエッセイ==

■ボランティアのお願い
 【急募・和訳ボランティア】
  【中長期ボランティア】

□ワークキャンプ事前研修の報告

■ケニア・ナイロビで開催された第七回世界社会
フォーラムに参加しました。

□アフリカ・エイズニュース 
 
■編集後記
∽───────────────────∽

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

□■ケニアワークキャンプに向けて

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

2007年度・春季ケニアワークキャンプに参加される高校生、田熊佑衣さんから
ワークキャンプに向けたエッセイを頂きました。

=================================
私には忘れられない出会いがあります。
2005年の夏、ACTIONというNPOが主催のワークキャンプでフィリピンの
孤児院に行きました。
そこで出会った一人の男の子。
彼は貧困が原因で家族と一緒に暮らすことができません。
大切に持っている離れ離れの家族の写真を
一枚一枚丁寧に説明するいつも明るい彼とはちがう彼の横顔を見て、
まだ私より一つ小さいだけの少年が背負っている現実を改めて痛感しました。

田熊佑衣さんのエッセイの全文を見る方はこちら

http://plas-uganda.org/blogjp/2007/01/post_23.html

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

□■ウガンダワークキャンプに向けて

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

2007年度・春季ウガンダワークキャンプに参加される、山田佳代子さんから
ワークキャンプに向けたエッセイを頂きました。

=================================
エイズ孤児に関し知識があるわけでもなくボランティアに深く関わってきたわけ
でもないそんな私が今回ウガンダワークキャンプへの参加を決意したのは、
あるドキュメンタリー番組を見たことがきっかけです。

2年前、まだ大学に入る前の春休みに、私はテレビを通し衝撃的な映像を
目にしました。
そのドキュメンタリー番組はアフリカの現状を伝えるもので子供たちが銃を
持ち自らの身を守るため、国を守るために戦う姿、そしてそのストレスや
不安から薬物乱用が蔓延している社会の現実がそこには映し出されていました。

山田佳代子さんのエッセイの全文を見る方はこちら

http://plas-uganda.org/blogjp/2007/01/2007.html

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

□■ボランティアのお願い

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===
【急募・和訳ボランティア】
PLASでは、現場で使えるエイズ予防啓発のためのツール、
「TOOLS TOGETHER NOW!
100 participatory tools to mobilise communities for HIV/AIDS 」
の和訳ボランティアを募集しています。
これを3月3日からのワークキャンプはじめ、
今後の活動でも使っていこうと考えています。

内容は(AJF/Global AIDS Updateより一部引用)

国際HIV/AIDS連合 The International HIV/AIDS AllianceがHIV/AIDSへの地域
での取り組みを活発化するために開発した、教材toolkitです。

○1.1 「様々な手法を使おう!Tools together now!」 
100種類の参加型学習・活動の具体的な手法を集録したもの
○1.2 「皆で一緒に始めよう!All together now!」
HIV/AIDSの予防、ケア、サポートと治療及びその影響の緩和に向けて、
コミュニティがいかに取り組んでゆくかを、解説したもの

この2種類の教材toolkitは、活動団体や地域コミュニティがHIV/AIDSに効果的
に取り組めるよう方向性を示しています。採用した手法や取り組みは、
全て現場で開発されてきたもので、地域コミュニティが全員でともに活動を始め、
状況を調査、計画、行動、事後評価し、そして前進していけるように、
手助けをします。基本的には、HIV/AIDSの影響下にある地域で活動するファシリ
テーターをトレーニングするためのものですが、その他の
HIV/AIDS関連団体においても役立つことでしょう。

そこで、 PLASの活動している地域でも、このような手法を生かして生きたいと考
えています。

また、多くの現場でエイズに関わる団体がこの資料を必要としているのでは
ないでしょうか。
みなさんにご協力いただけたら幸いです。

以下でダウンロードできます。PDFのところです。

http://www.aidsalliance.org/sw36326.asp

この文章をリレー形式で少しずつ分割し、
多くの方に手伝っていただいておりますが、
あと少し、みなさんのご協力を必要としています。
イラストも含めて7ページほどの分量になっていますので、
ご協力してくださる方、お気軽にご連絡ください。

担当:PLAS根本 happy_mickey.ukie@hotmail.co.jp

【中長期ボランティアのご案内】
//中長期ボランティアとは2ヶ月〜1年間程、現地のコミュニティー
に溶け込みながら、じっくりと活動に取り組む、ボランティアプロジェクト。
日本と現地をつなぎ、エイズ孤児のために現場で行動を起こします。

[中長期ボランティアの魅力]
1)日本での活動を実跡
PLASは日本に事務所を置き活動していますが、日本で支援の設計図を描き、
それを実際に現場で形にすることができるのが、このボランティアの最大の魅力
です。
支援先と日本を結ぶ架け橋となり、エイズ孤児たちの現状を日本に伝えることが
できます。

2)時間をかけてボランティア
参加型開発の前提は、地域に溶け込んで住民の本当のニーズを引き出すことです。
中長期ボランティアでは、エイズ孤児の支援、草の根開発にじっくりと取り組む
ことができます。
短期ではできない継続性を持った活動を展開することで、
時間の経過とともに理解・知識・経験・技術・責任感・信頼も高まり、
活動の成果も向上していきます。

3)それぞれの現場を、経験・学習
日々の活動を通じ自分の目で、体で現場を知ることは大変貴重な経験になります。
与えられるものをこなすだけでなく、主体的に行動することが求められるからこそ、
やり遂げたときには大きな自信になります。

4)その地域・国・文化・人々を好きになる
長期間その地域に暮らすことで、見えてくることもたくさんあります。
ゆっくりと時間をかけてその国や文化を知り、味わい、地域の人たちと
友好を深めることができます。一生の友達、思い出ができるでしょう。

5)参加後の収穫たっぷり
自分に自信を持ったり、語学力がアップしたり、専門性が高まったり、
NGOや国際機関に就職するなどの将来へのステップにもなるでしょう。
人それぞれに様々な成果あり。

詳しくはこちら

http://plas-uganda.org/blogjp/mtv.html

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

□■ケニア・ウガンダワークキャンプ事前研修の報告

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===
1月13、14日の二日間、NICE と合同でケニア・ウガ
ンダワークキャンプの
事前研修を行いました。ウガンダワークキャンプに参加される里吉謙一さん
からその模様の感想を頂きました。写真と共にワークキャンプ事前研修の
様子が書かれております。是非ごらんください。

http://plas-uganda.org/blogjp/2007/01/post_22.html

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

□■ケニア・ナイロビで開催された第七回世界社会フォーラム
  に参加しました。

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===
1月20日から25日、ケニア・ナイロビで第七回世界社会フォーラムが
開催されました。
フォーラムに参加した門田から報告が届きました。
================================================

ケニア事業の傍ら、第七回世界社会フォーラム(WSF)に参加して
きました。WSFのアフリカでの単独開催は初めてとあり、
ナイロビは活気に満ちています。

WSFはスイスのダボスで開かれている主にエリート層が参加をする
世界経済フォーラムに対抗する形で開催されてきました。

現在の新自由主義経済政策やいわゆる富める北側の人々主導のグローバル
化に反対して貧困や搾取のない社会を目指し、現在の社会に対して
問題意識を持っている市民であれば、誰でも参加ができるとして、
開催されているのがWSFです。
今回私が参加した第七回目のWSFは”People’s Struggles, People’s
Alternatives”をテーマに様々なセッションが行われています。

事務局長 門田の第七回世界社会フォーラムの参加報告の全文を読む
方はこちら

http://plas-uganda.org/blogjp/2007/01/post_24.html

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

□■エイズ・アフリカニュース

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===
【ウガンダ:すべての子供にARVの無償提供】

米元大統領ビル・クリントン氏が設立したクリントン財団の援助に
よって、統合臨床研究センター(JCRC)がウガンダ国内でHIVに感染して
いる2歳から15歳までの全ての子どもたちに対して
抗レトロウィルス薬(ARV)を無料で提供する事が可能になった。
ウガンダ国内に43あるJCRCのセンターで薬を受け取ることになる。

http://plas-uganda.org/blogjp/2007/01/weekly_newsarv.html

【専門職大学院長崎大設置へ 途上国感染症に総合対処 08年全国初】

長崎大(長崎市)は7日、エイズウイルス(HIV)やマラリア、鳥インフルエンザ
ウイルスなど、発展途上国でまん延する熱帯病や感染症対策の専門家を養成
する専門職大学院「国際保健研究科」(仮称)を設置する方針を固めた。
6月にも文部科学省に設置を申請し、大学設置審議会で認められれば
2008年4月に発足する。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/20070108/20070108_004.shtml

【マラウィ:必死に生きるエイズ孤児】

マラウィ第二の都市、ブランタイルの郊外に住む12歳のチソモ・ジョナシは
両親をエイズに関連した病気で18ヶ月前に亡くした。
現在、彼は三人の兄弟を養うために働き詰めになっている。

他の多くの家庭と同じく、彼の親戚は彼と3人の兄弟を引き取る余裕はない。
チソモと兄弟たちは、今も両親が遺した藁ぶき屋根と泥で建てられた家に住んで
いる。
「大変だけど、生き延びてる。僕たちのことを想ってくれる人がいることが今の
希望」

http://plas-uganda.org/blogjp/2007/01/weekly_news_1.html

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

□■編集後記

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===
とうとう2月12日からケニアワークキャンプが開催されます。
すでに、ワークキャンプの事前訪問のため、門田がケニアにはいって
います。
1月13、14日に開催されたワークキャンプ事前研修では、私は残念
ながら参加できなかったのですが、参加者の期待に満ちた楽しげな表情
を写真で拝見しました。
いつも思うのですが、ワークキャンプに旅立つ前の人の笑顔は素敵です
。実際にケニアに降り立って、子ども達の笑顔と融合して、素敵な
ケニア初ワークキャンプを大成功に導いてくれると思います。
このワークキャンプがみんなのこれからに光を与えるよう願っています。
(宮下)
******************************************************
PLASのHP

http://plas-uganda.org/

PLASや、PLASの事業、当MM等に関するご意見・質問はこちら
info@plas-uganda.org
mixiのコミュニティーのページ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=555240
******************************************************

カテゴリー: メールマガジンバックナンバー |

ケニア・ナイロビで第七回世界社会フォーラムが開催されました

1月20日から25日、ケニア・ナイロビで第七回世界社会フォーラムが開催されました。
フォーラムに参加した門田から報告が届きました。
================================================
ケニア事業の傍ら、第七回世界社会フォーラム(WSF)に参加してきました。
WSFのアフリカでの単独開催は初じめてとあり、ナイロビは活気に満ちています。
WSFはスイスのダボスで開かれている主にエリート層が参加をする世界経済フォーラムに対抗する形で開催されてきました。
現在の新自由主義経済政策やいわゆる富める北側の人々主導のグローバル化に反対して貧困や搾取のない社会を目指し、現在の社会に対して問題意識を持っている市民であれば、誰でも参加ができるとして、開催されているのがWSFです。
国連を初めとする国際機関や各国政府、大小さまざまなNGO、研究者等が多く参加し、現在は国際社会でも重要な会議として意識されるようになりました。
開会式では、カウンダ元ザンビア大統領が、人種や経済格差を超えて、共に世界を公正なものへと変えていこうと、呼びかけました。
今回私が参加した第七回目のWSFは”People’s Struggles, People’s Alternatives”をテーマに様々なセッションが行われています。
もちろんHIV/AIDSにスポットを当てたセッションも多く、国際機関や各国のHIV/AIDSへの取り組みだけでなく、ケニアの地方のCBO(Community Baced Origanization)の代表者や教会の神父さんなど、大規模ではなくとも、地域に密着した市民レベルのHIV/AIDSへの取り組みも多く聞くことができました。
WSFが開催されているカッサラーニにあるウフル公園は活気に満ちており、多くの人たちが歌や踊り、行進を通してアフリカの豊かさを表現し、そしてアフリカの直面する問題の大きさを訴えています。
PICT0045c.JPG
“Another World is Possible!”そんな声が方々から聞こえています。
PICT0049c.JPG
私たちPLASの活動も、ケニア、ウガンダでのエイズ孤児の支援や地域でのエイズ啓発活動を通じて、少しでもエイズの影響を受けるアフリカの子どもたちに貢献していけたらと、思いを新たにしました。
参考:http://www.wsf2007.org/
    http://www.afrika.no/Detailed/13374.html
事務局長 門田瑠衣子

カテゴリー: その他 |

【Weekly News】ウガンダ:全ての子どもにARVの無償提供

米元大統領ビル・クリントン氏が設立したクリントン財団の援助によって、
統合臨床研究センター(JCRC)がウガンダ国内でHIVに感染している
2歳から15歳までの全ての子どもたちに対して
抗レトロウィルス薬(ARV)を無料で提供する事が可能になった。
ウガンダ国内に43あるJCRCのセンターで薬を受け取ることになる。
クリントン財団HIV/AIDSイニシアチブ(CHAI)は
より手ごろなHIV/AIDS治療の普及を目指しており、
大規模な包括的ケアや予防プログラムなども実施している。
CHAIは活動が開始されてから現在まで、世界中で
HIV/AIDSと共に生きている415,000人もの人々に
治療とケアが行き渡るように援助している。
原題: Children to get free AIDS drugs
日付: January 21, 2007
出典: The New Vision
URL : http://www.newvision.co.ug/D/8/13/544552?highlight&q=clinton%20foundation%20children%20aids

カテゴリー: Weekly News Update |

2007春ケニア国際ワークキャンプ参加によせて

ケニアワークキャンプに参加される郭晃彰さんが
ワークキャンプに向けての想いを綴ってくれました。
================================================
日本におけるHIV感染者数が1万人。
アフリカでは2580万人。
それが世界規模になると、4030万人という膨大な数に達する。
僕は昨年、大学に入学してから日本のHIV/AIDSの問題について学んだ。
調べていくうちに分かった、日本国内の感染者数「1万人」という数字はとても多く感じた。
そして、この数字は先進国で唯一増加の一途を辿っており、2010年には5万人にまで達するとさえ言われていることに危機感を覚えた。
しかしながら、日本を始めとする先進国ではエイズ発症を防ぐことのできる有効な治療薬とその方法の発見に力を入れており、今では「HIV感染=死に直結」という方程式は成り立たなくなっているのが現状である。
しかし、これは日本を始めとする先進国の話である。
僕たち先進国の人間のみが毎日豊富な食料や資源と共に何不自由のない暮らしを送っており、HIV/AIDSの脅威からもある程度ではあるが逃れることが出来ているのだ。
だが、世界に目を向けたとき、その現状は思わず目を覆いたくなるほどに悲惨で残酷なものである。
今回、僕たちが約3週間滞在することになったケニアとウガンダの国境線に程近い、Ukuwalaという小さな町には約21000人の人々が生活している。
2006年、この町で行われた、19〜49歳を対象にしたAIDS検査の結果は驚くべきものだったという。
107人中59人が陽性。
単純に考えると、もうすでに2人に1人がHIVによりその命を削られ始めているのだ。
ここでは働き盛りの大人たちが次々にエイズによって命を奪われ、生計をたてるためにエイズ孤児を始めとする幼い子供たちが仕事をせざるを得ないのだという。
そして、教育を受けることが出来なかった子供たちが、HIV/AIDSに対する正しい知識を持たないまま、いつしか大人になり、再びエイズ孤児を生む…という悪循環の連鎖が未だ断ち切れていないのだ。
しかし、これらの話は全てが聞いただけの話である。
僕は自分の目でその状況を見たこともないし、ましてや彼らの恐怖や苦しみや、明日の生活さえの保障もない彼らの気持ちを理解してあげられる訳がない。
僕は一緒に病気と闘うことのできる感染者でもないし、知識のある医者でもない。
ただの学生でしかないのだ。
一体、自分はエイズによって親を亡くした子供たちに何をしてあげることが出来るのか。
この過酷な現実を前にして、僕はこのキャンプへの参加を渋っていたのだ。
そのあまりに大きすぎる問題と向き合うことに怯えていたのだ。
けれども、この問いに対する答えはすぐに出た。
僕はこの現状を知ってしまった段階で、この問題は確実に自分にも関係があることなのだと感じた。
それならば、その事実から目を背けることなく、真正面から真剣に向き合ってみることが今やれることであり、やるべきことであると思った。
実際にケニアの地に足を運び、自分の目でもって確かめたいという気持ちが日に日に強くなり、自分がケニアの子供たちのためにやれることを探すため、このキャンプに参加することを決意した。
僕の好きな言葉に「最後に死ぬのは希望だ」という言葉がある。
この世界には様々な困難がある。だけれども、希望さえ見失うことがなければ、僕たちは行動を続け、この困難を切り抜けることが出来るという意味が込められた言葉である。
いつか、世界中の人々が苦しみから逃れ、明日の命に怯えることなく、“Love&Peace”と肩を組みながら、共に笑える日々が訪れること信じて…
そして、この気持ちをケニアの子供たちに伝えるために、希望への第一歩を踏み出すこととしたい。
早稲田大学 人間科学部 1年 郭 晃彰 [カクテルアキ]

カテゴリー: その他 |
Pages: Prev 1 2 3 ...239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 Next

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

2017クラウドファンディング

ウガンダでエイズ孤児を育てるシングルマザーを応援!農業で貧困から脱却する!

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ