プラスのお知らせ

PLAS ケニア国際ワークキャンプを終えて

●PLAS ケニアワークキャンプを終えて
2007年春のケニアワークキャンプでリーダーを務めた今村太郎さんが
ワークキャンプを終えた感想を綴ってくれました。
================================================
子どもたちの笑顔、果てなく続く草原、満天の星空、華やかな教会、ワークキャン
プ中の様々な場面が今思いだされます。そんなウクワラの地で、私たちはワークキャ
ンプを開催しました。
主に実施したプログラムとしては、農業、ワークショップ、
ホームビジット、運動会、地域団体とのディスカッションなどがあります。そのなか
でも印象に残っているいくつかを紹介したいと思います。
2月24日、キャンプ中のビックイベント、ワークショップが行われました。
参加者全員が初めての訪れるウクワラの地でうまくできるか不安もあったと思います。
しかし結果無事予定したプログラムをやりきり、日本人とウクワラの人々の文化交流をはか
れたという面でも、とても有意義なものになりました。
当日は少し雲の見える天気でしたが、エイズクラブがポエムと劇を披露し、日本人は侍劇を演じ、
プログラムも無事やりきることができました。キャンパーが日本の文化を紹介しようと、
オリジナルの台本を書き、日本から持ってきた小道具を使って完成させた侍劇は、
言語の障害を乗り越えウクワラの人々の心に響いたのではと思います。
   PICT0155.JPG
また、ワークキャンプ中に行ったホームビジットは、私含め参加者全員にとってウク
ワラの実情をつきつけられた最も衝撃をうける経験となったのではないでしょうか。
ホームビジットは、孤児を実際に抱えて生活している家庭に訪問し、ウクワラの人々
の現状を知るという主旨のもと実施されました。
そのなかでも私が一番印象に残っている場面がひとつあります。
それは、3人の孤児をかかえる家庭に訪問した際、世話をしているお婆さんが言った、
こんな状況ですが神に生かされていることに感謝しています、という言葉を聞いた時です。
明日の食料のことも考えなくてはならず、苦しい生活を誰かのせいにしてしまいそうな状況で、
感謝しながら生きている人々を見て感動するとともに、彼らの精神を支えるキリスト教の大きさを
感じました。そしてこの経験は私だけに限らず、参加者のみんなに貧困という巨大な問題について
考える大変貴重な時間となったのではないかと思います。
   DSC01100.JPG
そしてなんと言っても、今回のキャンプは子どもと遊ぶ時間が本当に多かったように
思います。私たちは学校の敷地内で生活していたので、学校の休み時間になると参加
者と子どもは校庭でよく遊んでいました。子どもたちは私の前から後ろから飛び付い
て離しませんし、時には1対100くらいで鬼ごっこをすることもありました。子ど
もたちにはかなり体力を奪われましたが、いつも笑顔と元気に溢れていたと感じま
す。

リーダーで参加した私個人として課題は多くありキャンプ自体の反省点も見付かりま
したが、ウクワラの人々にとって日本人が自分たちの街に来たということは、それ自
体が新鮮で刺激になったのではないかと思います。今後、この地での活動を続けてい
く中で、このワークキャンプが良いファーストステップになることができたのではな
いでしょうか。
最後になりましたが、PLASの皆さん、キャンパーのみんなをはじめ、このキャンプに
関わってくださったCIVS、ドミニク、マシワプライマリースクールの先生方、その他
大勢の皆さんに支られて無事キャンプを終えられたことを感謝したいと思います。あ
りがとうございました。

カテゴリー: 活動報告 |

【Weekly News】南アフリカ:政府のエイズ孤児対策が急務

南アフリカ共和国で、片親か両親をHIV/AIDSによって亡くした子どもたちが爆発的に増えそうだ。
政府が真剣にこの事態に取り組まない限り、
2015年までに孤児は500万人を突破するとの予想をユニセフの担当者が話した。
去年末、南ア政府は1年にわたる女性と子どもに対する暴力反対キャンペーンを開始した。
この背景には、05-06年に報告されたレイプ件数が5,500件に上っており、
その中の40%は18歳未満の女性であったということがある。
このような事実も相まって、南アには現在200万人のエイズ孤児が存在しており
この数字は実に14歳未満の子どもの16%に及んでいる。
南ア政府は過去10年間で児童支援金制度の改良を実施してきた。
現在も支援の対象を18歳未満の全ての児童に拡大しようと協議中だ。
700万人の児童に恩恵をもたらしているこの制度改革と同様に、
児童に焦点を当てた政策を今まで以上に拡大させなくてはならない。
地域密着型の在宅介護や授業料を免除する学校の拡大などが挙げられる。
そして、これまで南アの孤児問題に多分に貢献してきたのは
主に親戚や近所が保護するという地域レベルでの取り組みであろうことは明白ではないだろうか。
原題: AIDS-orphan explosion coming ’unless state acts now’
日付: February 27, 2007
出典: Business Day
URL : http://www.businessday.co.za/Articles/TarkArticle.aspx?ID=2577478

カテゴリー: Weekly News Update |

【Weekly News】ガンビア:WHO、ガンビア大統領のHIV/AIDS治療法を認めず

世界保健機構(WHO)はYahya Jammehガンビア大統領が発見したとするHIV/AIDSの治療法について議論した。
大統領の根拠のない、しかし広く公表されたハーブとバナナを使う「大成されたエイズウィルスの治療法」の主張は、ガンビアや国際ニュースとして2月に報告された。
ガンビア保健省は数人の患者でHIVが検知されなくなったとの声明を発表した。
Tamsir Mbowe保健相によると、その治療法における秘密の要因は「伝統療法の家族の知恵」と「聖典コーランの教え」である。
しかし、「今のところ、HIV感染に対する治療法はなく、AIDSはもっとも重度のタイプの病気である」とし、Jammehの主張を支持しないという声明が今週(2月27日)にコンゴのブラザビルでWHOより出された。
そこには「WHO、およびUNAIDSはガンビア共和国大統領より公表されたAIDSの治療法には関係していない」と述べられている。
WHOによると、HIVの複製過程を妨げる抗レトロウィルス薬が患者の生活の質と延命を改善し、エイズ患者にとっては最良の望みであるとし、治療の中断をしないことを促し、「薬草治療は包括的な治療にとってかわることはない」と言う。
WHOはガンビアに対しその治療法の安全性や有効性、質を調べるよう提案した。
HIV研究者である南アフリカのケープタウン大学のEd Rybicki氏は
「私自身は心から疑いを持っていますが、もしその主張が正しければ、彼は可能な限りそれを広めないことで、世界を危険にする。もしそれが間違いなら、彼はもしかすると極めて精神的に病んでいるか、もしくはそれは重大な裏切りである」とSciDev.Netに語った。
HIVの専門家である南アフリカのクワズル大学のJerry Coovadia氏は、大統領や保健相の声明は「全ての科学の根幹と公衆衛生」に対する侵害であるとNews Medicalに語った。彼はそうしたことが起きる状況を生み出したその国の政治環境を非難した。
エイズ活動家もまた、Jammeh氏の主張を非難し、HIV/AIDSや結核にについての意識生を高める運動を後退させうると話す。
先月ガンビアの首都バンジュールの国連常駐調整官であるFadzai Gwaradzimba氏は、大統領に対する非難の後同国を追い出された。
原題: WHO Dampens President’s HIV/AIDS Claim
日付: March 2, 2007
出典: allAfrica.com
URL : http://allafrica.com/stories/200703020854.html

カテゴリー: Weekly News Update |

エイズ孤児支援NGO・PLAS

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
P┃L ┃ A┃ S ┃ http://plas-uganda.org/
━┛━┛━┛━┛     2007/02/28/ 第十一号
_______________________
□■Positive Living through AIDS orphans Support■□
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

∽───────────────────∽
  INDEX

■ケニアワークキャンプについて

□ウガンダワークキャンプについて

■ボランティアのお願い

□アフリカ・エイズニュース 
 
■編集後記
∽───────────────────∽

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

□■ケニアワークキャンプについて

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

2007年度・春季ケニアワークキャンプが2月12日から2月28日の期間で開催されていま
す。
私たち、エイズ孤児支援NGO・PLASはケニアのナイロビからバスで約10時間の田舎に
あるエイズ孤児が多く通う小学校を支援しています。
この学校には501名の子どもたちが通っており、そのうち231名が孤児で、この孤児た
ちの4分の3はエイズ孤児です。
学校では、学校と地域住民で農業を営み、農業から得た収入をエイズ孤児の制服代や
テスト代として活用するプロジェクトを計画しており、そのスタートアップをワーク
キャンプで行っています。
現在は子ども達と農作業をしたり、エイズの深刻な地域で子どもたちとエイズ啓発ド
ラマの企画などを行っています。
ワークキャンプ中のケニアから、キャンプリーダーである今村の報告をお届けしま
す。

=================================

最近は、農作業をはじめました。
ほとんどの人が初めての農作業なので、とても張り切っています。
夜や昼にエイズのワークショップの準備をし、HIVエイズのミーティングもしてい
ます。
このキャンプが地域にどんな影響を与えるかディスカッションしています。
メンバーはとても個性豊かで活気のあるキャンプです。
毎日忙しいですが、充実しています。

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

□■ウガンダワークキャンプについて

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

ケニアワークキャンプに続き、2007年度・春季ウガンダワークキャンプが3月3日から
3月17日の期間で開催されます。
エイズ孤児支援NGO・PLASはウガンダの首都カンパラにあるBlessed 
Primary&Nursery School(以下Blessed School)というエイズ孤児のための学校を支援
しています。
この学校は、首都の中でも低所得層が住みHIV/AIDSの蔓延が深刻な地域にあり、公立
学校で教育を受けられないエイズ孤児たちのために地域の人々によって運営されてい
ます。
今回で2回目となるウガンダワークキャンプでは、この地域で現地のボランティアと
日本人が約2週間生活を共にし、Blessed Schoolの子ども達の支援や地域のエイズ予
防啓発活動を行います。
ウガンダワークキャンプのリーダー服部からの現地報告をお届けします。

=================================

こんにちは。スタッフの服部です。
春のウガンダワークキャンプの準備のために、参加者の方より一足お先にウガンダに
来ています。
今日は支援先学校を訪問しました。
前回のワークキャンプの写真をもって行ったのですが、子どもたちが集まって、
「これは○○ちゃん!」
「一緒に学校を建ててるところだよ!」
と、昨年のことを思い出して盛り上がりました。
かわいい子どもたちに再び会えて、とてもうれしく思います。
子どもたちの無邪気な笑顔が、活動のエネルギーだなあと感じました。

学校の先生方もワークキャンプを楽しみにしてくれているようです。
今回は、さらに地域の方の主体性を引き出せるような方法でワークキャンプを開催し
たいと思っています。
中盤に開催するワークショップでは、学校の先生方と一緒に、できるだけ多くの保護
者の方を巻き込めたらいいと思います。

昨日はJICAや日本大使館、あしながウガンダを訪問しましたが、とても親切にア
ドバイス等していただき、PLASは本当に色々な方に支えられているのだなあと実
感しました。
昨年の反省を生かし、ワークキャンプを成功させたいと思います。
今からワークキャンプが楽しみです。

今日は電気がつく日なのですが、ウガンダ人は、イギリスのサッカーリーグをテレビ
で見て盛り上がっています。
でこぼこの道や、周囲の「ムズングー!」と声をかけてくれる子どもたち・・・
準備をしながら、私自身ウガンダを楽しんでいます。
これぞウガンダ!
キャンプ参加者の方にも、全身でアフリカを感じてもらえたらいいなあと思います。

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

□■ボランティアのお願い

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

【中長期ボランティアのご案内】
中長期ボランティアとは現地のコミュニティーに溶け込みながら、2ヶ月から1年間程
度じっくり活動に取り組むボランティアプロジェクトです。
ウガンダとケニアでエイズ孤児の支援プロジェクトを展開しているエイズ孤児支援
NGO・PLASでは、現地に2ヶ月以上滞在し、日本と現地をつなぎ、私たちと共にエイズ
孤児のために活動してくださる中長期ボランティアを募集しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://plas-uganda.org/blogjp/mtv.html

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

□■エイズ・アフリカニュース

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

【南部アフリカ:雨期がもたらす恩恵】
昨年は干ばつと凶作に苦しんだ南部アフリカだったが、今年の雨期はこの地の農民や
支援機関に今のところ恩恵をもたらしている。
ジンバブエに本部のあるSADC干ばつ監視センターは、12月から2007年2月まで
の最新の季節予報の中で、コンゴ共和国(DRC)のほとんどの地域で例年以上の降雨
量を予測している。
アンゴラ北部、ザンビアのほぼ全土、タンザニア南部、マラウィ、モザンビーク、ジ
ンバブエのほぼ全土、スワジランド東部、南アフリカ共和国の最東部も、同様であ
る。

http://www.janjan.jp/world/0702/0702129970/1.php

【赤十字が2007年の年次計画を発表】
●アフリカへの支援が全体の45%に
HIV/エイズについては、サハラ以南のアフリカを中心に拡大した被害をアジアなど他
の地域で繰り返さないために、そしてHIV/エイズとともに生きる人々の60%以上が居
住する南部アフリカでの活動のために、58億円規模の事業を計画している。
このHIV/エイズ対応をはじめ、アフリカでの支援が全体の45%、154億円規模と突出
している。

http://www.jrc.or.jp/active/news/1162.html

【たった1ドルのワクチンが、数百万の生命には「希望」】
●低開発国と途上国にワクチン普及
今年で設立10年を迎えるIVI(国際ワクチン研究所)は、伝染病予防のワクチン
を研究開発してアフリカとアジア、南米の20あまりの低開発国と途上国に普及して
いる唯一の国際機関である。
●先進国と後進国とで薬效に差
低開発国の子どもの腸には細菌やウィルスが多く、ワクチンの効能が落ちるという。

栄養状態も影響を与える。例えば、体中にビタミンや亜鉛(Zn)成分が少ないと、
ワクチンが免疫力を十分に発揮しにくくなるとされている。寄生虫もワクチンの作用
を妨げる要因のひとつだ。
●韓国の進んだ技術力で貢献を

http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2007021693228

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

□■編集後記

===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===

現在、ケニアワークキャンプが開催中です。
そして、3月に入るとすぐにウガンダワークキャンプも行われます。
次号では、それぞれの報告をお届けしたいと思います。
私は、ワークキャンプには残念ながら参加したことはありませんし、
関西在住であるために、東京で行われている運営ミーティングなどにもなかなか参加
できません。
しかし、技術化・情報化が進む現在では、距離や時間、金銭的な問題など、
様々な壁を乗り越えて活動を共にすることができます。
今の自分、そしてこれからの自分をしっかり見つめながら、
エイズ孤児のためにできることを模索しています。
(難波)

******************************************************
PLASのHP

http://plas-uganda.org/

PLASや、PLASの事業、当MM等に関するご意見・質問はこちら
info@plas-uganda.org mixiのコミュニティーのページ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=555240
******************************************************

カテゴリー: メールマガジンバックナンバー |

【Weekly News】南部アフリカ:ユニセフレポートが示すHIV/AIDSの現状

国連児童基金(UNICEF)は、いくつかの国々は女性とHIV/AIDSの影響を受けた子どもたちの
保護と支援において進展が見られたが依然大きな溝が存在する、とレポートで示した。
ユニセフ、国連エイズ合同計画(UNAIDS)、世界保健機関(WHO)が共同で発表した
「『子どもとエイズ』世界キャンペーン 第一次レポート」では
全体的な子どもとエイズへの世界の対応は悲惨なほど不十分、と報告している。
このグローバルな脅威に対抗するために、サハラ以南のアフリカ、少なくとも20ヶ国が
孤児と心身ともに傷つきやすい子どもたち支援のための国家計画を発表。
2006年末には改善されたHIV検査、安くなった薬剤、および簡略化した治療方法によって
多くの子どもたちが適切な処置を受けることができる状況になった。
また、教育にアクセスする非孤児と孤児の差異も数カ国で減少している。
しかしながら、専門家の一部はこの楽観的な傾向を示したレポートが増加の一途をたどる孤児、
特に全世界の1520万人のエイズ孤児のうち、120万人が暮らしている
南アフリカについて充分に言及されていないと指摘する。
2006年の終わりまでに、24万人の15歳未満の子どもたちがHIVとともに南アフリカで暮らしている。
このうち、28%の子どもたちが治療を必要としているが、
18%の子どもたちにしか治療を受けることができない。
25万人いるHIV陽性の妊婦のうち、その3分の1しか抗レトロウィルス薬や母子感染予防を受けれない。
これでも、妊婦の22%しかサービスを受けれなかった2005年に比べると著しく改善している。
このユニセフレポートで提起された問題意識を共有し、国際赤十字・赤新月社連盟は2007年、
アンゴラ、マラウィ、南アフリカ、スワジランド、ジンバブエなど南部アフリカ10カ国において
拡大されたエイズに対抗するための様々なサービスを実施する予定。
連盟の推定では、南部アフリカで毎年100万人がエイズに関連する病気が原因で亡くなっており、
孤児と心身ともに傷つきやすい子どもたちは460万人を突破、依然増加を続けている。
原題: UNICEF report shows mixed HIV/AIDS response
日付: January 22, 2007
出典: Integrated Regional Information Networks
URL : http://www.plusnews.org/AIDSReport.ASP?ReportID=6652&SelectRegion=Southern_Africa&SelectCountry=SOUTHERN_AFRICA
================================================
ユニセフ、国連エイズ合同計画、世界保健機関が共同で発表した
『子どもとエイズ』世界キャンペーン 第一次レポートは
日本ユニセフ協会のページからご覧になることが出来ます。
「子どもとエイズ」世界キャンペーン

カテゴリー: Weekly News Update |
Pages: Prev 1 2 3 ...239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 Next

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

2017クラウドファンディング

ウガンダでエイズ孤児を育てるシングルマザーを応援!農業で貧困から脱却する!

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ