プラスのお知らせ

カテゴリー別アーカイブ: 現地レポート

ケニアレポート -「子どもと女性のために」キスムで活動するパメラさん-

先日終了したカウンセリング事業は、現地のパートナー団体であるSWAK-Nyanza (Society for Women and AIDS in Kenya)と連携して実施した事業です。 同団体は2000年からキスム周辺 … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート タグ: ,

ケニアレポート -カウンセリング事業終了:困難を乗り越える子どもたち-

2014年6月から半年間の期間で実施されたカウンセリング事業が終了しました。 事業の実施地は、ケニアのキスムKisumuという町です。 キスムはケニアの中でも特にHIVやエイズの影響を受けている地域で、 2012年時点の … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート タグ: ,

ケニアレポート -カウンセリングを通じた子どもの変化、保護者の変化-

今回は、11月26日にレポートしたカウンセリング事業の続報です。 カウンセリング事業では、カウンセラーによる子どもへのカウンセリング活動に加え、カウンセリングを受けている子どもたちや、その家族を集めてヒアリングをおこない … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート タグ: ,

新海外事業マネージャー、巣内が加わりました!

初めまして。11月25日より海外事業マネージャーとしてプラスの一員となりました巣内秀太郎です。大学院で国際開発学を学んだ後、開発コンサルタント会社に勤務し、主にイラクの国立総合病院の改修プロジェクトに従事していました。退 … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート

ケニアレポート -声をあげられない子どもたちの手助けをするカウンセラー-

ケニアでは今年の6月から半年間、現地でパートナー団体と組んで、エイズ孤児を含む弱い立場に置かれた子どもたちやその保護者へのカウンセリング事業をおこなっています。 事業も終盤に差し掛かり、今回はチャイルドカウンセラーの振り … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート タグ: ,

ウガンダレポート -クラフト製作グループの立役者-

ウガンダで始まった、HIV陽性のお母さんたちとその家族を支えるための収入向上事業。 今回はクラフト製作グループのリーダー的存在であるアイリーンさん(54歳)をご紹介します。 アイリーンさんは女手一つで、ペーパービーズでの … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート タグ: ,

ウガンダレポート -継続的な養鶏事業に向けて-

今回はウガンダの養鶏事業の進捗について報告します! 養鶏事業については2月にこちらで報告して以来ですが、ヒナはその後どうなったでしょうか? 鶏の成長ぶりについては、ぜひこちらの動画をご覧ください! ウガンダ養鶏事業:鶏舎 … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート タグ: ,

ウガンダレポート -新事業をスタートします!-

こんにちは、谷澤です。9月中旬にケニアより帰国しました。 ケニアの母子感染予防事業が9月で一段落つきましたので、今回の現地レポートではウガンダで開始する新事業についてお送りします! 新たな事業として、HIV陽性のシングル … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート タグ: ,

ケニアレポート –母子感染予防事業の成果と今後の展望について–

こんにちは!キスム事務所に駐在していた安田聖子です。先週日本に戻りましたが、ケニアの赤土がきれいな未舗装の道路が恋しい今日この頃です。 ケニアで3年間にわたって実施されたHIV母子感染予防事業が、9月15日をもって無事に … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート

ケニアレポート –母子感染予防事業について、インタビューを実施しました!

こんにちは!キスム事務所駐在員の安田聖子です。 ケニアで3年間にわたって行われてきたHIV母子感染予防事業が9月15日をもって終了します。事業終了に伴い、これまで3年間を振り返って、というテーマで啓発リーダーにインタビュ … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート
Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...16 17 18 Next

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

2017クラウドファンディング

ウガンダでエイズ孤児を育てるシングルマザーを応援!農業で貧困から脱却する!

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ