プラスのお知らせ

カテゴリー別アーカイブ: 現地レポート

ウガンダレポート -ブレスド小学校の今(2)卒業後の進路編-

気になるのは卒業生たちの進路。ウガンダでは1997年に初等教育が無償化されたこともあり、初等教育の就学率が110%台*と比較的高いのですが、中等教育就学率は約18%と急落している現状です。しかし、2007年から昨年度まで … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート タグ: ,

ウガンダレポート -ブレスド小学校の今(1)生徒数が100名増!編-

ウガンダ共和国の首都カンパラの郊外のスラムにあるブレスド小学校。ここはプラスの初めての事業地として2006年春から2007年秋まで支援事業を実施した場所です。支援終了後も順調に成長を続けるブレスド小学校を、先日訪問してき … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート タグ: ,

ケニアレポート -さらなる発展を遂げたマシワ小学校の今-

先日、エイズ孤児への教育支援活動として農業事業でプラスが協力していた、ケニア共和国のウクワラ郡にあるマシワ小学校を訪問しました。エイズ孤児が多く通う、このマシワ小学校では2007年より支援を開始。今回は、支援開始時からの … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート タグ: ,

ケニアレポート -啓発活動を続けていくために-

毎月第二月曜日は、ケニア、ウクワラ郡の母子感染予防啓発リーダーが一堂に集まる日です。 この日は彼らが啓発活動を実施する際に必要な、交通費と通信費の支給日であり、プラスの日本人スタッフが活動の様子を啓発リーダーから直接聞く … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート タグ: ,

2010年夏ウガンダワークキャンプB日程報告

9月2日から16日の15日間、2010年夏ウガンダワークキャンプB日程が開催。日本人13名、ウガンダ人5名の計18名が一丸となり、地域のために活動しました。 場所はウガンダ共和国ルウェロ県の小学校Basajjansolo … 続きを読む

カテゴリー: 活動報告, 現地レポート

2010年夏のA日程ウガンダワークキャンプを開催しました!

2010年8月14日から28日まで、15日間にわたって2010夏ウガンダワークキャンプA日程が開催されました。 場所はウガンダ共和国ルウェロ県のBasajjansolo Memorial Training Centre( … 続きを読む

カテゴリー: 活動報告, 現地レポート

ケニアで団体登録が受理されました!

先日、PLASがケニアでInternational NGOとして登録されました。 昨年の7月に申請してから登録が受理されるまで半年以上が経ってしまいましたが、 ケニアで長く活動されているNGOやJICAなど、多くの方にア … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート

ケニアレポート -3回目の母子感染予防フォローアップワークショップを実施しました!-

駐在員の谷澤よりケニア現地報告が届きましたので、お知らせいたします。 母子感染予防事業では、昨年12月に2日間にわたって、 3回目のフォローアップワークショップ実施しました。 このワークショップには計12名の母子感染予防 … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート

ケニアレポート -母子感染予防ワークショップを実施しました!-

ニャンザ州シアヤ県ウクワラ区にて母子感染予防ワークショップを 1月16日、17日の2日間、行いました。 この地域は、エイズに関して誤った認識を持つ住民も未だに多く、 エイズに対する差別やスティグマも根強く残っています。 … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート

ケニアレポート -農業事業の報告と今後の母子感染予防事業について-

事務局長の門田です。11月初旬にケニアへ渡航し、22日に帰国いたしました。 ケニア大統領選後、治安悪化のためケニアへ渡航できない状況が続いて おりましたが、ようやく渡航することができるようになりました。 現在は谷澤、服部 … 続きを読む

カテゴリー: 現地レポート
Pages: Prev 1 2 3 ...8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 Next

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

2017クラウドファンディング

ウガンダでエイズ孤児を育てるシングルマザーを応援!農業で貧困から脱却する!

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ