プラスのお知らせ

外務省主催「NGOインターン・プログラム」インターン生募集!

HIV/エイズによって影響を受ける子どもたちが笑顔でいられる社会を実現するため、
プラスで一緒に働きませんか?

プラスでは現在、スタッフと共に業務を担う「有償インターン」を募集しています。
外務省平成29年度「NGOインターン・プログラム」を活用し、プラスと共に申請書を提出し、チャレンジしていただくことになります。
この有償インターンでは、プラスが行っている事業を経験していただくことで国際協力NGOの運営を担う若手人材の育成を目指します。

>>>NGOインターン・プログラムの詳細はこちら

国際協力へのキャリア・チェンジをしたい方、そのきっかけに、このプログラムを活用してみませんか?
NGOの組織運営を学びながら、一緒に楽しく、そして時には共に悩みながら、熱い思いで活動できる方を歓迎します!

【重要な前提】
外務省主催の平成29年度NGOインターン・プログラムへの応募を前提としています。
プラスがインターン・プログラムに採用されなかった場合は、残念ながらプラスでの有償インターンの勤務は保障できません。

募集概要

募集人数

1名

勤務地

当会日本事務所(秋葉原駅徒歩9分、御徒町駅徒歩7分、末広町駅徒歩4分)

業務内容

・チャリティーパーティーの企画運営・営業・広報業務
・各種イベントの企画運営・広報業務
・その他キャンペーンに付随する業務
・データベースを活用した分析業務
・Webサイトのアクセス数アップ
・プレスリリースの作成
・支援者対応
・競合調査・分析
・海外事業の補佐(プロジェクトマネジメント業務、現地情報の収集等)
・海外研修(本プログラムでは海外事業地での活動が必須となっています)

勤務開始時期

2017年6月1日(木)~

勤務期間

2017年6月1日~2018年3月31日
※平日週25時間以上。
※勤務時間は原則10~18時のフルタイム。応相談。
※イベント、会議等により土日に勤務していただく場合もあります。
※勤務期間は双方の合意によって延長の可能性有り。

待遇

・手当:月80,000円程度(経験等にあわせて協議)
・交通費:支給(上限有り)

対象となる人

・最低週25時間の勤務が2017年6月1日から2018年3月31日の間可能な方
・海外渡航が可能な方
・英語での業務が可能な方(Eメール、会話)
・これまでに他の国際協力NGOで有給専従職員の経験が「ない」方
・社会人経験を有する方
・プラスの理念に共感できる方
・エイズ孤児やアフリカ、国際協力に興味がある方
・NGO、NPO、社会起業に興味がある方
・Microsoft Office2007以降が入ったPCを持参でき、基本的なPCスキルをお持ちの方
(ブラインドタッチやMS Word、Excel、Power Point等)
・代表の右腕になる意気込みのある方
・事業の立ち上げに興味がある方
・新しいことにチャレンジするのが好きな方
・責任感のある方

応募方法・提出書類

応募書類は以下の3点です。
・事務局インターン申込書
・インターン経歴書
・インターン健康診断書

下記のプラスHPより事務局インターン申込書を、
青年海外協力協会HPより経歴書及び健康診断書をダウンロードし、
必要事項を記載の上、プラス事務局(info@plas-aids.org)宛てに電子メールでご送付ください。
プラスHP>>>http://www.plas-aids.org/cooperate/internjp
青年海外協力協会>>>http://www.joca.or.jp/activites/ngo-intern/boshu29.html

プログラムの全体像や、健康診断書も内容を確認し、お手元の健康診断書で内容が網羅されているかご確認ください。
*応募書類は返却できませんのであらかじめご了承ください。
*応募者が多数にのぼった場合、すぐにご連絡できない場合があります。

募集期間

5月8日(月)正午まで

お問い合わせ・応募先

特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS
E-mail: info@plas-aids.org  
TEL:   03-6803-0791(月曜~金曜 10時-12時、13時-17時)

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ