プラスのお知らせ

【9/28(土)】「子育ても仕事も!~国際協力NGOで実践するワーク・ライフ・バランス」を開催します!

【9/28(土)】9月のPLASRoomは
「子育ても仕事も!~国際協力NGOで実践するワーク・ライフ・バランス」を開催!


(写真は過去に開催したイベントでの様子です。)

毎月大好評のイベント、PLAS Room。

9月は、プラス事務局長・小島美緒によるトークイベントを開催します!

学生時代に、東南アジアや中米などを訪れ、国際協力への道を意識した小島。
卒業後は外資系証券会社に勤務し、結婚と出産を経た後に、プラスに転職。
現在は国内での広報・ファンドレイズ(資金調達)を中心に取りくみ、個人や企業のみなさまと共に、アフリカのエイズ孤児問題の解決にむけて活動しています。

昨今、女性の社会進出や、産休や育休の取得が日本でも見られるようになりましたが、まだまだ広く普及しているとは言い難い状況です。

そんな中、プラスでは小島が事務局長として業務と育児を両立させており、また、代表の門田も今年7月に一児の母となりました。

働くことと自分の生活。その両立のために、プラスが取り組んでいることをご紹介します。

アフリカのエイズ孤児問題だけでなく、働きながら、子育てしながらできる社会貢献活動にご関心のある方にもおすすめです!

参加費は全額がエイズ孤児支援となるチャリティーイベントです。ご参加お待ちしております!

開催概要


日時 2013年9月28日(土)14:00-16:00(開場 開始30分前)
場所 プラス事務局1F「芸術家の家」スタジオ
東京都品川区上大崎3-14-58「クリエイト目黒」1F
(JR目黒駅より徒歩7分)
>>地図・アクセスはこちら
※こちらのページの末尾に地図が記載されています。会場は1Fです。
参加費 ¥1,000
※参加費は全額、エイズ孤児支援活動に大切に使わせていただきます。
定員 40名
※お早めにお申し込みください。
プログラム ・プラスの国内、海外での活動紹介
・小島が子育てする中で得られたスキルや能力
・仕事と子育ての両立とは?~プラスの事例、小島家の事例から~
・プラスが取り組むワークライフバランスと事業への成果
・明日から実践できる!「働きやすい」組織にする業務効率化とは
・想いを共有するワークショップ
こんな方におすすめです ・子育てと仕事の両立に興味のある方
・企業・NGOを問わず、業務の効率化やワークライフバランスの保ち方に関心のある方
・アフリカ、子ども支援、途上国支援に関心のある方
・これから出産を控えている方、また子育てに奮闘中の方やそのパートナー、ご家族
・働きながら社会貢献に関わっている、これから関わりたいと考えている方
・ボランティア、プロボノに興味のある方
・国際協力や非営利分野でのキャリアや転職に関心がある方


PLAS Roomの魅力

アットホームで学びがいっぱいの2時間

ただ座って話を聴くだけでなく、スピーカーや参加者同士で気軽に意見交換をしたり、想いを共有したり・・・そんなアットホームなイベントだからこそ、参加することで様々な学びや刺激を感じていただけます。

もちろん、お一人での参加や、プラスのイベントに初めて参加する方も大歓迎(毎回7~8割ほどの方が初参加)です!


参加者の声(男性/20代)

国際協力分野の最前線で働く方のお話を聞くことができて貴重な体験となりました。これからも何らかの形でプラスさんに関わることが出来ればいいなと思いました。

参加者の声(女性/20代)

NGOで働くことのやりがいが、小島さんのこれまでの生き方から線として知ることができて良かったです。プラスの活動やNGOに関心の薄い人にも聞かせたいと思う話でした。


今回のイベントの魅力をご紹介!

毎回80-90%の参加者が「満足」「大変満足」と答えてくれるプラスのイベント。今回のトークイベントでは、4つのおすすめポイントがあります!

事務局長小島のキャリアパス

0歳児を抱えて仕事に復帰した大変さ、どう乗り越えてきたかなど、母親として、NGOの事務局長としての想いも語ります!

ワークライフバランスの取りくみ事例をご紹介!


プラスで取りくんでいる業務の効率化、子育てと仕事の両立など実践例もお伝えします!


社会貢献に関わりたい、国際協力をキャリアとして希望する人にもぴったり!



「何かしたいけど、何ができるのかわからない!」と思っている方や国際協力の分野を目指す人にもオススメです!

大好評のワークショップ!
みなさんの想いを共有しましょう!



イベントに参加したきっかけ、トークを聞いて感じたこと・・・自分の想いを伝えて、他の人の想いを聞くと、新しい発見があるはず!

スピーカー紹介

小島 美緒(こじま みお):エイズ孤児支援NGO・PLAS

エイズ孤児支援NGO・PLAS/事務局長    
2006年 国際基督教大学教養学部を卒業。大学卒業後に3ヶ月間ウガンダへ渡航。HIV陽性者支援を行う大手現地NGOでのインターンや、エイズ孤児が通う小学校の経営改善に携わったことがきっかけでエイズ孤児の問題に関わるように。
帰国後、JPモルガン証券株式会社で3年間勤務。社内での社会貢献活動に積極的に関わりながら、社外活動としてプラスのボランティア運営スタッフをはじめ数多くのボランティア活動や社会貢献活動に携わる。
2011年よりエイズ孤児支援NGO・PLASに勤務、国内での各種キャンペーン事業やファンドレイズ、企業連携、広報・マーケティング全般をリードする。現在、3歳の息子の子育てに奮闘中。


 

プラスについて

プラスは、2005年12月に日本初のエイズ孤児に特化したNGOとして設立されました。
エイズ孤児の現状改善を目指して、ウガンダ共和国、ケニア共和国で現地団体とともに、学校建設、母子感染予防事業やエイズ啓発事業を行っています。

お問い合わせ

担当:長嶺 info@plas-aids.org
Tel/Fax 050-3627-0271

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ