プラスのお知らせ

写真展 『Ekilooto of Uganda (エチロート オブ ウガンダ) ~HIVと共に生まれる~』を開催します!

5月7日は世界エイズ孤児デー。今年は世界エイズ孤児デーキャンペーン2011にて、「ありのままのエイズ孤児を知ってもらう」をコンセプトに、フォトジャーナリスト安田菜津紀さん写真展『Ekilooto of Uganda (エチロート オブ ウガンダ) ~HIVと共に生まれる~』を開催します。

2011年4月12日 写真展『Ekilooto of Uganda (エチロート オブ ウガンダ) ~HIVと共に生まれる~』を開催します!


エイズ孤児支援NGO・PLAS(代表:門田)は、5月7日の世界エイズ孤児デーに合わせて、「世界エイズ孤児デーキャンペーン2011 こどもたちのえがおに未来を。」(http://www.plas-aids.org/waod/2011/)を約2ヶ月間にわたり開催いたします。

■世界エイズ孤児デーキャンペーン2011について■
日本では2007年に当会プラスが初めて行い、今年で5年目迎えるキャンペーンです。本年のキャンペーンのコンセプトは「ありのままのエイズ孤児を写真を通して知ってもらう」ことです。キャンペーンの収益はエイズ孤児支援事業に加えて、東日本大震災により被災した子どもたちの支援にあてられます。本年の実施コンテンツは以下です。

①フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん写真展の開催
②写真展会場での各種イベントの開催
③著名人によるチャリティーオークション  他多数

■写真展「ekilooto of Uganda(エティロート オブ ウガンダ)~HIVと共に生まれる~」■
世界エイズ孤児デーキャンペーン期間中、下記の写真展を開催します。「ekilooto」はウガンダの言葉で「夢」です。ウガンダで生きるエイズ孤児たちの写真を通して、HIV/エイズの状況やエイズ孤児たちの姿や、子ども達の「夢」を伝えます。

◇世界銀行東京情報センターでの開催
【日程】:4月20日(月)~5月2日(月)   【開催時間】:13:00~16:30
【会場】:世界銀行情報センター(PIC東京)  (内幸町・霞が関駅 直結)
※4月20日に会場を毎日エデュケーション「グローバルひろば」に移して「フォトジャーナリスト安田菜津紀さん×
渋谷敦志さんトークイベント」を開催します。

◇表参道 :C’s Fort での開催
【日程】:5月3日(火)~5月16日(月)
※≪お詫び≫
5月8日(日)~5月9日(月)にかけ手違いにより会場内での写真展示が行われておりませんでした。
ご来場の皆様には深くお詫びを申し上げます。
なお5月10日(火)より通常通り再開いたしております。

【会場】:C’s Fort (表参道駅 徒歩3分)
【イベント情報】:フォトジャーナリスト安田菜津紀さん トークイベント(日時:5月13日(金)19:00~21:00)
※その他多彩なゲスト等を企画中です。写真展企画中は会場のカフェにて、アフリカをイメージした特別料理がメニューに加わります!
【共催】:株式会社スタディオアフタモード

◇原宿BODY WILD Under waveでの開催
【日程】:5月17日(火)~5月31日(火)
【会場】: BODY WILD Under wave原宿本店(明治神宮前駅徒歩4分)
【イベント情報】:(特設サイトhttp://www.plas-aids.org/waod/2011/に詳細をアップします。)
【共催】:グンゼ株式会社、株式会社スタディオアフタモード

■安田菜津紀さん (フォトジャーナリスト・studio AFTERMODE 所属 )■
studio AFTERMODE 所属。フォトジャーナリスト。
2003年8月、「国境なき子どもたち」の友情のレポーターとしてカンボジアで貧困にさらされる子どもたちを取材。2006年、写真と出会ったことを機に、カンボジアを中心に各地の取材を始める。現在、東南アジアの貧困問題や、中東の難民問題などを中心に取材を進める。 2008年7月、青年版国民栄誉賞「人間力大賞」会頭特別賞を受賞。 2009年、日本ドキュメンタリー写真ユースコンテスト大賞受賞。 上智大学卒。

■世界エイズ孤児デーとは■
2002年5月7日、「国連子ども特別総会」にてエイズ孤児の支援を訴える請願書と、約200万人の署名が提出されました。これを受け、5月7日が「世界エイズ孤児デー」と国際的に制定されました。
*エイズ孤児とは…両親もしくは片親をHIV/AIDSによって亡くした18才未満の子どもを指します。現在世界に1660万人以上いるとされ、この数は東京都の人口より多く、14秒に1人の割合で増え続けているといわれています。
http://www.plas-aids.org/waod/2011/

■プラスとは■
プラスは、2005年12月日本初のエイズ孤児に特化したNGOとして設立されました。エイズ孤児の現状改善を目指して、ウガンダ共和国、ケニア共和国で現地団体とともに、学校建設や農業事業、母子感染予防事業やエイズ啓発事業を行っています。本キャンペーンは、2007年より日本で唯一のエイズ孤児問題啓発キャンペーンとしてプラスが主催してきました。国際的に展開される世界エイズ孤児デーのネットワークにも公式にパートナーとして加盟しています。

■本件に関するお問い合わせ■
エイズ孤児支援NGO・PLAS 担当:小島美緒(こじまみお)
TEL::050-3627-0271(事務局/小島宛て) MAIL: kojima@plas-aids.org(小島)
ADDRESS:〒141-0021 品川区上大崎3-14-58 クリエイト目黒2A /HP:http://www.plas-aids.org/

カテゴリー: プレスリリース   パーマリンク

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ