プラスのお知らせ

ケニアレポート -啓発活動を続けていくために-

毎月第二月曜日は、ケニア、ウクワラ郡の母子感染予防啓発リーダーが一堂に集まる日です。

この日は彼らが啓発活動を実施する際に必要な、交通費と通信費の支給日であり、プラスの日本人スタッフが活動の様子を啓発リーダーから直接聞く、重要な日でもあります。

彼/彼女たちが来る時間はお昼前。待っていると、男性啓発リーダーと、お気に入りのカンガ(東アフリカの代表的な布)を身にまとった女性啓発リーダーが太陽の照る中各々やってきます。

ウクワラ郡の赤土の道

啓発リーダーたちと会った時にまずすることは、握手です。「元気?」の一言と共に、しっかり握手を交わします。

月に1度の日本人スタッフと啓発リーダーが顔を合わせる日。啓発活動について、現地スタッフによる英語から現地語の通訳を挟みながら、啓発リーダーから話を聞きます。彼らの中には英語を話せる人もいますが、ルオ民族の言葉であるルオ語のほうが、意見を表現しやすいため、現地語での報告が行われているのです。

「最近の活動はどう?」「抱えている問題はある?」何気ない会話から、現場の様子や啓発活動に対する地域住民の反応、そして啓発リーダーが現在直面している課題が見えてきます。

啓発リーダーが行う活動に地域の妊産婦、お母さんたちが参加している様子。

そして、前月活動分の交通費と通信費を支給します。現在は活動地域の広さに対して啓発リーダーの数が少ないため、1人当りの啓発リーダーがカバーしなければならない範囲が広く、彼らの活動には多少の出費が伴います。活動を続ける意志はあるけど、お金がないから続けられない。そのような状況を避けるためにも、プラスは、啓発リーダーが継続的に啓発活動を行えるよう、必要最低限の交通費と通信費を支給しています。

今後、さらに多くの啓発リーダーを育成し、それぞれの啓発リーダーが地域内でカバーする範囲が徒歩圏内になり、交通費や通信費なしで活動できるようにしたいと考えています。私たちの支援を必要としなくとも、地域住民に母子感染予防の情報を啓発リーダーが発信できるようになることを目標に、これからも本事業に力を注いでいきたいと思います。

ケニア共和国ニャンザ州ウゲニャ県ウクワラ群の母子感染予防事業についてはこちら

(文責:現地インターン 足立真希)

新しくなったマンスリーサポーター 詳しくはこちら

カテゴリー: 現地レポート   タグ: ,   この投稿のパーマリンク
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ