プラスのお知らせ

セミナー:「企業とNGOの連携を再考する」のご案内

エイズ孤児支援NGO・PLASは、5月7日の世界エイズ孤児デーに合わせまして、
「世界エイズ孤児デーキャンペーン(4月7日‐5月31日)」を実施いたしました。
本キャンペーンは、さまざまな企業との連携のもと実施され、表参道ヒルズでの
写真展や絵本テイストのブックレットの3万部発行、著名人を起用した啓発イベントの
実施等多数のイベント実施、チャリティオークション、イベント出展等を行いました。
これらのキャンペーンの実施内容・成果を題材に、どのように企業とNGOが効果的に
連携をしていけるのか、これからどのような連携が求められるのかをテーマに
セミナーを行います。
なお、本キャンペーンの詳細は、下記ウェブサイトをご覧ください。
http://www.plas-aids.org/waod09/index.html
○企業と積極的に連携したい中小規模NGOの担当者。
○NGOとの連携、社会貢献事業に関わっていらっしゃる企業の担当者。
○NGO・企業が互いをより深く理解し合うには?
○互いのヴィジョンや個性をうまくマッチさせた連携をしたい!
という方は、是非ご参加ください。
[日時]
2009年6月24日(水曜日)、19:00-20:30
[場所]
世界銀行情報センター(PIC東京)
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル1階
地下鉄三田線内幸町駅、日比谷線・千代田線・丸の内線霞ヶ関駅C3出口
地図 http://go.worldbank.org/6V3IDW6BV0
[プログラム]
19:00 開演、あいさつ
19:10 啓発キャンペーンにおける企業とNGOの連携
    〜世界エイズ孤児デーキャンペーン2009を例に〜
    門田瑠衣子
19:30 パネルディスカッション「これからの企業とNGOの連携」
    パネリスト:橋本雅治氏、富野岳士氏、門田瑠衣子
    モデレーター:大森功一氏
20:15 質疑応答
20:30 閉会、アンケート記入
[参加費]
500円(資料代として)
[定員]
45人
※定員に達し次第募集を締め切らせていただきますので、ご了承ください。
[お申し込み]
Eメールでのお申し込みをお願い申し上げます。
お名前、ご所属、ご連絡先をご記入のうえ、担当者までお申し込みください
担当:川嶋大介 kawashima@plas-aids.org
[パネリスト]
●富野岳士(国際協力NGOセンター(JANIC) 事務局次長)
1989年早稲田大学法学部卒業、2007年早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国
際関係学修士課程修了。大手電気メーカーの海外営業部門勤務を経て、2006年8月にJANICに入局、
2007年9月より現職。現在は、NGOの理解促進、他セクターとの連携、「CSR推進NGO
ネットワーク」事務局、ファンドレイジング、 NGOの基盤整備などを中心に活躍中。
●橋本雅治(株式会社イデアインターナショナル 代表取締役)
慶應義塾大学法学部政治学科卒を84年に卒業後、キャノン販売株式会社入社。
87年同社を退職。家業の結婚式場を継ぎ再建に尽力。
92年に株式会社マルマン入社。時計事業部長、取締役などを歴任。95年11月に退職。
同年12月、株式会社イデアインターナショナルを設立、代表取締役に就任。
大学在学中にパワーリフティング全日本学生チャンピオン経験あり。
イデアインターナショナルは“当社に関わる全ての人々を幸せにしたい”
という思いを持ったライフスタイル・カンパニーです。事業と社会貢献をバランス良く両立させ、
社員がやりがいを感じ快適に仕事のできる会社を創り上げると共に、
様々な分野で他社にはできないオンリーワンで創造的な商品・仕組み・
サービスを生み出せるボーダーレスクリエイティブカンパニーを目指しています。
●門田瑠衣子(エイズ孤児支援NGO・PLAS) 事務局長)
1981年熊本県生まれ。明治学院大学大学院国際学修士。在学中のケニアでのボランティア活動を
きっかけに、2005年にエイズ孤児支援NGO・PLASの立ち上げに携わり、同団体事務局長を経て、
現在代表理事を務める。
[モデレーター]
●大森功一(世界銀行 広報担当官)
[後援]
世界銀行情報センター(PIC東京)

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ