プラスのお知らせ

2009年夏のウガンダワークキャンプの参加者募集が始まりました!

2009年夏のウガンダワークキャンプの参加者募集が始まりました!
2009年9月3日〜18日の16日間です。
エイズ孤児の増加や児童労働など様々な問題を抱えながらも、
アフリカでは子ども達が生き生きと力強く生きています。
現地の人たちの生活や子どもたちのかわいい笑顔にに触れながら、
エイズ孤児の問題に目を向けてみませんか?

■□1.事業地概要
===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===
ウガンダのルウェロという町にあるエイズ孤児のための学校と
訓練所の複合施設を支援しています。
Basajjansolo Memorial Training Centre(以下、BMTC)は、
1980年代に国内で起こったゲリラ闘争の影響で、沢山の人が命を奪われた
という悲惨な過去の傷が今も癒えない地域の中で、エイズ孤児が
安心して教育を受けることができ、将来のために職業訓練を受けられる
ような教育施設を目指し、地域の人々の手によって2007年に開校されました。
ウガンダ人と日本人ボランティアが、16日間生活を共にし、
BMTCの小学校教室建設の手伝いや、地域でエイズ予防啓発活動を行う
ワークキャンプを実施します。
■□2.開催概要
===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===
【期間】
2009年9月3日〜18日(16日間)
(現地集合現地解散になります。ウガンダのエンテベ空港まで
スタッフが必ず迎えに行きます。)
【開催地】
ウガンダ共和国ルウェロ県ガルウェロ地区、
Basajjansolo Memorial Training Centre
【ボランティア内容】
1.学校の新規教室建設
2.エイズ啓発ワークショップ/学芸会の実施
詳細はこちら>>> http://plas-aids.org/volunteer/work_camp.html
■□3.ワークキャンプに参加するには・・・
===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===+===
【参加条件】
18才以上の、健康でボランティアに意欲と行動力を持つ方(特別な技能は
必要ありません)。また、語学力は問いませんが、伝える努力を惜しまず、
ル-ルやリ-ダ-の指示を守り、 協調性と責任感を持ってキャンプに
協力できる方。現地の文化や生活スタイルを尊重し、現地の食事や寝袋の
宿泊に抵抗のない方。エイズやエイズ孤児問題、国際協力に関心ある方。
また、キャンプ前や後もプラスの活動に関われる方も大歓迎です!!
【募集人数】
日本人ボランティア15名程度
*最少催行人数(事前研修までの申込数):7名
*日本人と現地ウガンダ人ボランティアによるワークキャンプです。
 ウガンダ人ボランティア7名程度。
【参加費】
登録費 70,000円
会費   6,000円
*登録費は、キャンプ中の宿泊費や食費、支援事業費、運営費、
 管理費などに使用しています。
*その他の航空券代や海外旅行保険代、ビザ代、交通費や自由時間の経費
 などは含まれません。
*ウガンダまでの往復格安航空券代は12万5千円程度〜。
 (燃油サーチャージおよび航空保険料は別途)
【申し込み】
プラスホームページの募集要項をお読みになった上で、申込書類一式を
事務局まで郵送にてお送り下さい。
申込提出書類はプラスホームページよりダウンロードできます。
*先着順となります。
*例年、1ヶ月前には満員となることが多いです。
 早めのお申し込みをお勧めします。
【事前研修】*詳細が決定次第ご案内いたします。
日程:09年7月中旬から8月初めの間に一泊二日で行う予定です。
場所:東京都もしくは神奈川県にある宿泊施設付き研修センターを予定。
費用:宿泊代等は登録費から賄われます。(食費及び研修地までの交通費は
   自己負担となります。)
(遠方の方もご参加いただいています。
 ご参加いただけない方はご相談ください。)
詳細はこちら>>> http://plas-aids.org/volunteer/work_camp.html

カテゴリー: ボランティア募集   パーマリンク
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ