プラスのお知らせ

【Weekly News】ジンバブエ:NGO活動停止で孤立する子どもたち

6月5日にジンバブエ政府が非政府組織(NGO)の活動中止を通達したことで
数万の子どもの命が危険にさらされている。
多くの子どもがNGOによる支援に依存している現状では危機的状況だ。
NGOの活動を通じて支援を続けてきたユニセフはHIV/AIDS関連の支援も含め
18万5千人の孤児たちを支援していたが、そのすべてが6月5日に中止されてしまった。
食糧不足と物価高騰が問題となっているジンバブエでは
6月27日に実施される大統領選挙に向けたデモなどで暴動も頻発している。
特に地方での暴動は過激さを増す一方だ。
ユニセフの広報官は「冬にこのような不確実な状況が続くとなれば、
子どもたちは政治工作の犠牲になりかねない」と述べている。
ユニセフは国連緊急援助調整官のジョン・ホームズを通じて国連安保理にこの事態を報告、
深刻なジンバブエにおける人道危機を国際社会に訴えた。
総人口の約3分の1にあたる400万人がNGOを通じた支援を必要としている。
原題: Hundreds of thousands Zimbabwean children at risk after aid ban
日付: June 13, 2008
出典: UN News Service
URL : http://www0.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=27028&Cr=zimbabwe&Cr1=

カテゴリー: Weekly News Update   パーマリンク
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

チャリ本キャンペーン

チャリ本2017春のキャンペーン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ