プラスのお知らせ

【Weekly News】ジンバブエ:孤児増加の主な原因はHIV/AIDS

現在、ジンバブエの子どもの4人に1人が孤児であり、
その主な原因はHIV/AIDSにあることが調査で分かった。
2006年に実施されたこの調査では、18歳未満の子どものうち、
22%が片親、もしくは両親を失っているエイズ孤児。
同様の調査が実施された1994年では9%、1999年では14%であったため、
孤児の増加に歯止めが利いていないことが判明した。
ジンバブエの成人HIV感染率は18%。
専門家によると、この孤児の増加は
90年代にムガベ大統領が推進したものの、未だ実を結んでいない
長期にわたる経済、医療分野改革の失態と密接に関わっているという。
医療施設が崩壊し、子どもの予防接種率の低下や発育不全を
多くの子どもにまねいていることが要因として挙げられる。
デル駐ジンバブエ米大使は、「予防接種率は全体的な景気の後退の一端を表しており、
結果として多数の医療従事者が国外へ流出し、
公共医療セクターでの混乱が起きている」と指摘する。
また、ジンバブエは周辺の国々と比べ
エイズによる死亡率が極めて高いことも指摘されており、
抗レトロウィルス薬(ARV)が十分に流通していないことが原因とされている。
ある研究者はARVが普及すればエイズ孤児も減少するという見解を示しているが、
孤児の数は他の南部アフリカ地域の国々と大差はなく、
アフリカ大陸全体へのHIV/AIDS対策の拡充が叫ばれている。
今年2月、ドイツ、ニュージーランド、スウェーデン、イギリスの四ヶ国はジンバブエに対し、
エイズ孤児対策費として計7千万ドルの支援金を送ることを決定した。
これはジンバブエでの5年、2億5千万ドルのエイズ孤児対策プログラムへの支援金で、
資金はユニセフ、NGO、政府により管理され、
エイズ孤児が教育や医療などでその恩恵を受けられるようになる。
原題:Number of Orphans in Zimbabwe Increasing Primarily Because of HIV/AIDS, Survey Says
日付: 19 July 2007
出典: Kaisernetwork.org

カテゴリー: Weekly News Update   パーマリンク
  • 最近の投稿

  • カテゴリー

  • アーカイブ

メールマガジン登録

マンスリーサポーター

マンスリーサポーター

イベント情報

イベント情報

本で寄付するプラスのチャリボン

本で寄付するプラスのチャリボン

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

ペーパービーズ収入向上支援事業・特設ページ

プラスWEBショップ

プラスチャリティーWebショップ ショッピングでエイズ孤児支援

資料請求

資料請求

企業のみなさま

企業のみなさま

プレスの皆さまへ

プレスの皆さまへ