活動報告

PLASの事業が国際交流基金市民青少年交流助成に決定しました

今年の夏に開催されるウガンダ国際ワークキャンプ事業が国際交流基金の市民青少年交流助成を
受けることが決定いたしました。
この事業では、ウガンダのユースのボランティアと日本人ボランティアが約2週間、共同生活をしながら、
エイズ孤児支援を行い、両国の交流を深め、地域にとって必要なものをともに学びあい考える事業です。
具体的にはエイズ孤児の多く通う小学校の改修作業、小学校での日本文化紹介事業、
地域でのエイズ啓発ワークショップ、地域に開かれた形での学芸会を行います。
そして参加ボランティアたちがこれらの活動を通して、地域のHIV/AIDSやエイズ孤児の現状を学び、
ともにこれらの問題に対して何ができるのか、考えます。
今回の事業を助成いただきます国際交流基金様には、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

SNSのシェアや「いいね!」が支援になります!
0