なぜエイズ孤児?

エイズ孤児とは

「エイズによって片親もしくは両親を失った18歳未満の子ども」のこと。

現在世界に1650万人いるといわれています。

データで見るエイズ孤児

(単位:万人)

世界には1650万人のエイズ孤児がいます。2010年をピークに緩やかに減少傾向が出てきています。

(単位:万人)

エイズ孤児のうち83%がサハラ以南のアフリカの子どもたちです。その数は1370万人に上ります。

学校にさえ行けず、差別を受けて生きる子どもたち

わたしたちとエイズ孤児との出会いは2005年にさかのぼります。
当時学生だったわたしたちはボランティア活動で訪れたアフリカでエイズ孤児の存在を知ることになります。

お父さんとお母さんをエイズで亡くし、親戚に引き取られながらも、学校に通うことを許されず、差別を受けて生きているまだ10歳にも満たない子どもたちがそこにはいました。

親をエイズで亡くし、行き場のない子どもたち

当時、アフリカの一般的な住民がエイズ治療薬を受け取ることはまだ難しく、ケニアやウガンダでもそれぞれ年間10万人近い人々がエイズで亡くなっていました。

エイズは「死の病気」と恐れられ、エイズ患者やHIVに感染した人々が差別をされて暮らさなければならない状況でした。

親をエイズで亡くした子どもたちは行く場所がなく、やっとたどり着いた親戚の家でも、エイズの親の子どもという理由で簡単には受け入れてもらえない状況でした。

「学校に行きたい。友達がほしい。」

「学校に行きたい。友達がほしい。」

この頃に出会ったエイズ孤児の一人がわたしたちにそっと伝えてくれた言葉です。
親をエイズで亡くした子どもたちでも学校に通えるという当たり前の環境を作りたい。そんな思いとともにわたしたちはエイズ孤児を支援してきました。

-2000年代に入り、エイズを取り巻く状況は変化する

シングルマザーとエイズ孤児の家庭が直面する課題

2000年代後半には、アフリカでエイズ治療薬が普及したことで、エイズを原因に亡くなる人の数も徐々に減少し、エイズ孤児を取り巻く状況は変わっていきました。

両親ともエイズで亡くすのではなく、片親が残り、シングルマザーやシングルファザーに育てられる子どもを目にするようになりました。

片親で体調も不安定なため、家計は安定せず、教育費を払えずに留年や中退を余儀なくされる子どもたち。
エイズに対する差別意識はまだ残っており、エイズを理由に、近所の人や学校の友達から差別を受ける子どもたち。
彼らは、他の子どもたちと同じような明るい未来を築けずにいたのです。

エイズに影響を受ける子どもたちが未来を切り拓ける社会を

エイズに影響を受ける子どもたちが未来を切り拓ける社会を作りたい。

環境が変わってきても、わたしたちの思いは変わらずにエイズ孤児を支援する活動を続けています。

寄付をする

毎月寄付するマンスリーサポーター




今回だけの寄付